自賠責保険の流れ


施術前の手続き

①警察に連絡・届出
加害者からだけで無く、被害者からも届出する事が必要になります。この時に「交通事故証明書」の発行を依頼します。これは、保険会社に施術費を請求する際に必要となる大事な書類なので、必ず届出しましょう。

②医療機関で検査を受ける。
交通事故での施術には、「診断書」が必要であり、警察に提出する必要があります。
一番大事なのは、患者さんご本人の身体なので、症状をしっかり把握する為にも、信頼のおける医療機関でCTやMRIなどを用いた精密検査を受けることをお勧めします。

③保険会社に連絡
保険会社に整骨院・接骨院で施術する旨をお伝え下さい。その後、保険会社より当院に連絡が入り次第、施術開始となります。

手続き後

①施術をご希望の方は、お電話にてご連絡頂くか、直接来院して下さい。
その際、
・保険会社の連絡先と担当者名
・病院にて受診されていれば、診断名か診断書
をご準備下さい。

②問診票の記入
交通事故治療に関して、以下の事について問診をさせて頂きます。
・事故の発生状況
・ケガの症状
・診断書
・お取り扱いの保険会社、担当者の確認

③検査・触診
ケガの状態を、実際に触って確認します。
・痛みの程度
・腫れ
・機能障害の有無

④施術
症状に合わせて、必要な施術を選択し、その場しのぎで無く、根本的に改善して頂く為に、生活指導も合わせてご提案させて頂きます。
・手技
・電気施術
・テーピング、包帯

⑤施術の終了
症状が改善されれば、施術は終了となります。

*症状により、個人差はありますが、3~6ヶ月が目安になります。
保険会社に施術が完了した旨を伝え、費用を計算してもらい、明細の入った示談内容書を確認し、サインをしたら完了となります。